識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ雑学・トリビア > ゴルフの歴史トリビア > ゴルフ用語辞典 ベアトロフィー(the Vare Trophy)

2012.12.29

ゴルフ用語辞典 ベアトロフィー(the Vare Trophy)

ゴルフ用語辞典 ベアトロフィー(the Vare Trophy)

スポンサードリンク

ベアトロフィー(the Vare Trophy)

米LPGAツアーで、年間最少平均スコアを記録したプレーヤーに与えられる賞、それが「ベアトロフィー(the Vare Trophy)」です。

ベアトロフィーのネーミングは、1920~30年代に活躍したアマチュア女子プレーヤー、グレナ・コレット・ベア(Glenna Collett Vare)に由来します。ベアは、全米女子アマチュア選手権を6度制し、「the female Bobby Jones(女性版ボビー・ジョーンズ)」と呼ばれました。

1930年代初頭には、アメリカとイギリスの女子対抗戦である「カーティスカップ」立ち上げに尽力し、1932年の第1回大会ではプレーヤーとしてアメリカチームの勝利に貢献しています。また、女子として最初にゴルフの殿堂入りしたメンバーの一人でもあります。

過去最多獲得はキャシー・ウィットワースの7回(1965~67年、1969~72年)が最高です。平均スコアの最少記録はアニカ・ソレンスタムの68.70(2002年)となっています。 ちなみに、ベアの名前の付いた賞はもうひとつあります。全米女子ジュニア選手権の優勝者に贈られるのが、まさに「グレナ・コレット・ベアトロフィーで、1953年に創設されたベアトロフィーよりも早く、1949年から贈られるようになっています。

ページの先頭へ戻る