識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > ゴルフコース関連 > ゴルフ用語辞典 プリファードライ(preferred lies)

2012.12.22

ゴルフ用語辞典 プリファードライ(preferred lies)

ゴルフ用語辞典 プリファードライ(preferred lies)

スポンサードリンク

プリファードライ(preferred lies)

荒天などの影響で、コース状況が著しく悪い場合、コースが「無罰でボールを拾い上げて汚れを拭き、状況のいい場所にプレースしていい」という趣旨のローカルルールを設定することがあります。これを「プリファードライ(preferred lies)」、または「ウィンタールール(winter rule)」といいます。6インチルールとも言いますよね。(こちらは冬に限らず設定される場合が多いようですが・・・・)

プリファードライが設定される状況については、明確な規定はありません。あくまでもコース(クラブ、委員会、または競技主催責任者)の判断に任されているようです。プレースする位置は、もとの場所から6インチ以内というのが一般的なようですが、この範囲についてもコースの判断にゆだねられています。中には(場合によってですが)1クラブというところもあるとのことですよ。

ただし、ピックアップする前に必ずマークをすることと、プレースは1度だけ(指が離れたら即インプレーとみなされる)ということが、ルールの「ローカルルールの参考例」中に記載されています。また、プリファードライが適用されるのは、通常フェアウェイにボールがある場合のみとなっています(ラフの場合は、ダメってことですね)。

ちなみに、プリファードライはルールの全34項の中には規定されていません、あくまでもローカルルールの一種としてのみ存在するようです。同じように正式ではないが、参考ルールとしてのものは、「ワンボールルール」(競技中に1種類のボールしか使ってはいけないというルール)や、競技中のカートの使用を制限するルール等があるようですね。

 

ページの先頭へ戻る