識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > ゴルフコース関連 > ゴルフ用語辞典 ピッチマーク(pitch mark)

2012.12.08

ゴルフ用語辞典 ピッチマーク(pitch mark)

ゴルフ用語辞典 ピッチマーク(pitch mark)

スポンサードリンク

ピッチマーク(pitch mark)

ピッチマーク(pitch mark)」は、グリーンにボールが落下した時にできる跡のことです。あるいは「ボールマーク(ball mark)」という呼び方の方が一般的かもしれませんね。

ピッチマークを放置すると、その部分の芝が枯死してしまい、グリーン面にへこんだ箇所として残るために、パッティングクオリティが低下することになってしまいます。また、誤った方法で修復すると、芝の根を傷つけてしまい、やはり芝の枯死を招いてしまうことにもなります。自分で作ったピッチマークはきちんと、適切な方法(コースに掲示されているポスターなどを参照)で直すのがゴルファーの大事なエチケットとなっています。

誰かがしてくれるだろうという考え方は、回りまわって自分に返ってきて「誰だ!ボールマークを直していないのは」という場面に出くわすこととなってしてしまいますので、止めましょうね。いつでも気持ち良くゴルフのプレーができるようにするのは、まず自分からということですよね。

ちなみに、ピッチマーク修復に使う道具は「グリーンフォーク」と呼ばれていますが、これは和製英語ですので、外国では通じません(緑色のフォークという意味になります)。「ボールマークリペアツール(ball mark repair tool)」、あるいは単に「リペアツール」(”repair”は直す、”tool”は道具の意)というのが、外国で通じる英語の呼び名になります。

ページの先頭へ戻る