識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > スイング・レッスン関連 > ゴルフ用語辞典 パラレルレフト(parallel left)

2012.11.28

ゴルフ用語辞典 パラレルレフト(parallel left)

ゴルフ用語辞典 パラレルレフト(parallel left)

スポンサードリンク

パラレルレフト(parallel left)

ボールを正確に打ち出すためには、アドレスの向きが大変重要になってきます。では、正しい体の向きはというと、目標に対して「パラレルレフト(parallel left)」でなければなりません。つまり、飛球線と平行(parallel)に、かつ目標よりも左(left)を向ける(※体とボールが離れている分左を向く)ということになります。

アベレージゴルファーの場合、コースに出ると目標に対して真っすぐ構えられていないことがほとんどのようで、これは練習場のマットのような、狙いを定めるための基準になるものがないからということもあるのですが、目標に対して体自体を真っすぐに向けるものだと勘違いしている場合も多いようです。ゆえに、(右打ちの場合)正しい「パラレルレフト」のポジションより、体が右を向いていることがほとんどで、左を向いていることは少ないと言ったことになる訳ですね。

スウィングの向きは、体のラインに対して平行になるのが自然なため、体の向きが右に向いていると、スウィングも右向きになり、ボールは右に飛び出すといった結果になります。また、(多くのアベレージゴルファーがそうなっているのですが)体が右向きなのに気付かず、スウィングだけをターゲット方向に振ろうとすると、体に対してはアウト・インの軌道になってしまい、結果としてボールにスライスの回転がかかることになってしまいます。つまり、この点をきちんと修正することができれば(体の向きを正しくすることができれば)、ミスショットをかなり減らす可能性が上がってくることになります。

ちなみに、欧米のレッスンではターゲットラインと、パラレルレフトの体の向きの関係を、(汽車の)線路に例えて教えるのが一般的なようですね。真っすぐな線路は、遠近法によって遠くのほうで重なって見えることになりますが、決して交わることはありませんよね。アドレスで、ターゲットまで続く線路をイメージすれば、体を正しい方向に向けやすいというわけですね。

ページの先頭へ戻る