識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > ゴルフ道具・アイテム関連 > ゴルフ用語辞典 バックライン(raised rib of a grip)

2012.11.23

ゴルフ用語辞典 バックライン(raised rib of a grip)

ゴルフ用語辞典 バックライン(raised rib of a grip)

スポンサードリンク

バックライン(raised rib of a grip)

グリップの後ろ側(指先が当たる側、クラブのヒール側)には、指を引っ掛けやすくするためのわずかな突起が、グリップエンドからタテに真っすぐついている場合があります。この僅かな突起(出っ張り)が「バックライン(raised rib of a grip)」と呼ばれるものです。但しすべてのクラブのグリップについていると云う訳ではありません。バックラインの無いグリップもあり、選択が可能になっています。

バックラインの目的は、グリップのすべりを防ぐことと、より握りやすくすることです。もう一つ大事な役目が、グリップの際にクラブを毎回スクェア(あるいは意図したフェースの向き)にセットするのを補助することにあります。

バックラインは、グリップの外周部分に突起があるのではありません。内径の一部が平らに盛り上がっていて、シャフトに装着することでその部分が中から押し上げられ、ラインが浮き出るという具合になっているのです。

ちなみに、ゴルフ規則により、バックラインは「間断なく真っすぐであること」と規定されていることをご存知でしょうか?。

プロがよくやっているようなのですが、グリップを中間部分でわずかにねじって装着し、右手と左手の握りの具合を微妙に調整するといった方法については、ぎりぎり、このルールに抵触しないとされています。ただし、グリップを切ったりして、バックラインの継続性を損なうような装着の仕方となると、ルール違反となりますのでご注意ください。

バックラインの有無については、個人的な好みもあるようですが、皆さんはどうですか?、わたくしはバックライン有のほうが好きなので、有のタイプを装着しています。大方の場合は、バックライン有のタイプだとは思っているのですが、バックライン無の方が良いという人の割合は、果たしてどれくらいなんでしょうかね?。素朴な疑問と言った感じです。

ページの先頭へ戻る