識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > ゴルフコース関連 > ゴルフ用語辞典 薄暮プレー(late afternoon play)

2012.11.21

ゴルフ用語辞典 薄暮プレー(late afternoon play)

ゴルフ用語辞典 薄暮プレー(late afternoon play)

スポンサードリンク

薄暮プレー(late afternoon play)

どんなゴルフ好きでも、真夏の日中のプレーというのはちょっとばかりうんざりですよね。ゴルフ場側も何とかこの時期の客様を迎えたいためということもあって、夏は涼しい朝夕の時間を利用した「早朝プレー」(※「アーリーバード」の項参照)や、「薄暮プレー(late afternoon play)」というサービスを提供しているのですが、これが意外と人気なのですね。「トワイライト(twilight)」という料金プランがあれば、それは薄暮プレーのことを言います。

薄暮プレーの時間帯に明確な決まりはないのですが、一般的(各ゴルフ場によってまちまちです)には15時以降のスタートで、ハーフプレー(9ホール)ということが多いのですが、熊本の場合は18Hのスループレーとしているところが多いようです。料金も割安となっており、18ホールプレーを選択できるコースの場合は、ハーフでの休憩をはさまないスループレーで、日没(すでにホールアウトしたところまで)でプレー終了というのが通例のようです。

ちなみに、欧米では1日中(到着した時点て空きがあれば)スタートできるのが普通なので、取り立てて「薄暮プレー」という概念はあまりないようです。地域によっては、夏場はサマータイム制を採用していて、さらに日が長く(21時くらいまで明るい地域などでは)、会社帰りにゴルフ場に寄ってプレーというスタイルも、きわめて一般的となっているようです。

ページの先頭へ戻る