識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > ルール・用語 関係 > ゴルフ用語辞典 バウンスバック率(Bounce back)

2012.11.18

ゴルフ用語辞典 バウンスバック率(Bounce back)

ゴルフ用語辞典 バウンスバック率(Bounce back)

スポンサードリンク

バウンスバック率(Bounce back)

プロツアーで提供している、選手のパフォーマンスデータ(スタッツ、stats)については、何度か紹介したことがありますよね。一流プロの技術力を数字で実感できるので、これらのデータをじっくり眺めてみるのも、プロツアーの楽しみ方のひとつではないでしょうかね。その中でも特に、米PGAツアーだけで提供されている「バウンスバック率(Bounce back)」は、プロゴルファーの技術力だけでなく、プレーヤーとしての精神力の強さが垣間見えるデータとして、非常に興味深いデータだと思いますが、いかがでしょう?

バウンスバック率」は、ボギーかそれより悪いスコアで上がったホールの直後のホールで、バーディかそれよりいいスコアをマークする確率のこと。「バウンスバック:bounce back」直訳すると、「立ち直る」という意味になります。プロであっても、ボギー(ボギーに限らず、様々なミスを含めて)を打てば精神的打撃を受け、それをきっかけとしてその後平常心を欠き、ズルズルとスコアを崩すということを時々見かけますよね。

バウンスバック率の高いプレーヤーというのは、ボギーを打ってもすぐに気持ちを切り替えて、高い集中力を保ったまま次のホールをプレーすることができるということになる訳です。立ち直りが速い(気持ちの切り替えが巧みな)プロは大きくスコアーを崩すことがあまりありませんよね。

我々素人は、ほんのちょっとしたことでスコアーを崩してしまいますし、その後の立ち直りもままならないことの方が多いですよね。スコアーメイクに必要なのはこういったことを含めて、「スポーツ心理学」でお話ししたようなメンタルコントロールだと思われます。

暇でしたら、もう一度読み返して見られれば、参考になると思いますよ。

 

ページの先頭へ戻る