識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > スイング・レッスン関連 > ゴルフ用語辞典 チョークダウン(choke down)

2012.10.05

ゴルフ用語辞典 チョークダウン(choke down)

ゴルフ用語辞典 チョークダウン(choke down)

スポンサードリンク

チョークダウン(choke down)

グリップを短く持つことを、「チョークダウン(choke down)」、または「グリップダウン(grip down)」といいます。ミート率をアップしたり、方向性をよくしたりするという点において、これほど効果のある方法はありません。

いつもグリップエンドギリギリまで、クラブを長く持っている人は、ぜひ一度、1インチ程度チョークダウンしてプレーしてみられてはいかがでしょうか?。クラブ操作が劇的にやさしくなることに驚かれると思います。

ただし、チョークダウンする長さは1インチから長くても1.5インチまでにしたほうがいいですよ。あまり短く持ちすぎると、スウィングウェートが変わりすぎるので(かなり軽く感じますから)、まったく違うクラブを振っているような感覚になり、下手をすればスウィングを乱す可能性さえあるからです。

それから、少しだけ短く持つことで得られるその効果としては、ライ角がアップライトになってボールがつかまりやすくなったり、バランスが軽くなることでヘッドスピードが早くなったり、クラブのグラつきがなくなったりとか、余分なスピン量が減ってボールが真っ直ぐ飛びやすくなったりとか、低いボールが打ちやすくなったりとか、いった効果があるとのことです。

ちなみに、低いボールを打ちたいと思ったら、番手をひとつかふたつ上げてチョークダウンし、「軽く」打つというのが効果的な使い方になります。

 

 

ページの先頭へ戻る