識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > ルール・用語 関係 > ゴルフ用語辞典 暫定球(provisional ball)

2012.08.01

ゴルフ用語辞典 暫定球(provisional ball)

ゴルフ用語辞典 暫定球(provisional ball)

スポンサードリンク

暫定球(provisional ball)

プレーヤーは、ショットが(ウォーターハザード外で)紛失したかもしれない場合と、アウトオブバウンズ(OB)かもしれない場合に、罰打を加えて打ち直しとなるべきショットを、あらかじめ同じ場所から打って、その後、初めの球を確認しに行くことができます。この「あらかじめ打つ打ち直し球」のことを「暫定球(provisional ball)」といいます。

初めの球が実際に紛失したり、OBだった場合は暫定球がインプレーのボールとなり、打ち直しに戻る時間が省けることになり、時間の節約ができます。逆に、初めのボールがインバウンズで見つかった場合は、そのまま初めのボールがインプレーのボールとなり、暫定球は放棄(打たなかったことになります)されることになります。

ちなみに、暫定球をプレーする場合は、必ず同伴競技者かマーカーにその旨を宣言してから行わなくてはなりません。宣言せずに暫定球をプレーすると、最初の球を放棄したものとみなされてしまいます。また、最初の球があると思われる場所よりグリーンに近い地点にある暫定球に対してストロークした場合、その時点で暫定球がインプレーのボールとなる(一打罰で打ちなおしたことになります)ので、どちらも注意が必要です。

 

中部 銀次郎が嘆いた暫定球に対する処置  同氏著 『もっと深く,もっと楽しく』 より抜粋

「わたしはいつも不思議に思うのだが、ゴルフ場に出ると人間はどうしてあれほど素朴な楽観論者に変ぼうしてしまえるのか?。たとえば、打ったボールがOBラインのほうへ飛んでいったとする。こんなとき、自分から暫定球を打っておこうとするゴルファーがほとんどいないのはなぜなのだろう?」

「楽観論者というより、現実を直視できないといったほうがいいだろう。暫定球を打つのはゴルファーの務めである。その務めを回避してまで、自分のボールがOBでないことを祈りたいという心根が、わたしには理解できない」

これは、アマチュアゴルファーの無策についての感想なのですが、「打ったボールを最後まで見届けること。どこに飛んでもゴルフにミスはつきものだと考えること。そして、最悪の事態に対して心の準備をしておかなければスコアメイクはできない。」ということを説いているのだと思われます。危ないと思ったら、暫定球を打っておく。それが結果的にスコアメイクにつながるというわけですね。

最近はこの様なこと(暫定球を打たないままのプレイ)は少ないとは思いますが、ゴルフというゲームに臨む際の心構えとしては変わっていない部分ではないでしょうか?。

 

ページの先頭へ戻る