識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > ゴルフコース関連 > ゴルフ用語辞典 キャディ(caddie)

2012.06.29

ゴルフ用語辞典 キャディ(caddie)

ゴルフ用語辞典 キャディ(caddie)

スポンサードリンク

キャディ(caddie)

キャディ(caddie):辞書で調べると、1 《ゴルフ》(1) キャディー.(2) =caddie cart.2 使い走りや雑用をする人.━━[動](-died, -dy・ing)(自)キャディーをつとめる.[フランス語CADET.. とありました。

 

審判ですら自ら務める、究極の個人競技がゴルフなんですが、唯一自分の見方としてコースを一緒に回ることが許されている存在が、「キャディ(caddie)」さんですよね。

厳密にいえば、「キャディ」はプレーヤーのクラブを運搬し、必要に応じてプレーのアドバイスをする、アシスト役のこととなります。コースに常駐する「キャディ」さんのことはハウスキャディといい、その多くはコースを熟知していて、実に頼もしいパートナーとなってくれる存在です。

イギリスのリンクスは、初めて回るとコースがどうなっているかわからない(ティグラウンドから先まで見通せない)ことが多いので、名門コースには必ずハウスキャディがついています。セントアンドリュースはパブリックコースなのですが、ビジター(ツーリスト)はハウスキャディをつけて回るのが慣例となっています。

ちなみに、女性がキャディをする伝統があるのは日本と、一部のアジアの国だけなんだそうです。重労働であるキャディ業を女性にさせるのは、レディファーストの欧米では考えられないとのことのようです。ちょっと「へ~~」って感じですよね。

管理人は女性の「キャディ」さんの方を希望します。できれば若くてかわいい・・・・、いえいえ、コースを熟知されている愛嬌のある人なら、文句ありません。はい。

ページの先頭へ戻る