識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > ゴルフ道具・アイテム関連 > ゴルフ用語辞典 ウレタン(urethane)

2012.06.13

ゴルフ用語辞典 ウレタン(urethane)

ゴルフ用語辞典 ウレタン(urethane)

スポンサードリンク

ウレタン(urethane)

専門的に書きますと化学の方の分野になりますので、ここでは簡単に記載しておきます。

ゴルフ用語として言う「ウレタン(urethane)」は、ポリウレタン(ウレタン樹脂)※と呼ばれる化合物の慣用的な呼び名です。ポリウレタンは、原料となる化合物の配合によって、ゴムのように柔らかいものから、プラスチックのように硬いものまで作れるのが特徴で、ゴルフボール以外にもさまざまな用途で使われています。 プロ・上級者用ゴルフボールのカバー素材として広く用いられています。

※ポリウレタン( polyurethane)とは、通常、イソシアネート基とアルコール基等の水酸基を有する化合物が縮合してできる、ウレタン結合でモノマーを共重合させた高分子化合物のことです。ウレタン樹脂、ウレタンゴムともいいます。 難しい!!。良く判りません。高分子化合物ってところが一番の肝みたいですね。

 

ウレタンの用途の例

ポリウレタンの主な用途は次のとおり。

  • 塗料(水溶性ウレタン塗料)
  • 接着剤(ホットメルト)
  • ウレタンフォーム
    • シーリング材
    • 断熱材
    • 防音材
  • 繊維製品(ストレッチ素材)
  • 靴製品など
    • 人工皮革・合成皮革
  • 自動車部品(クッション)
    • サスペンション・アームブッシュ
    • バンプストッパー
    • バンパー
    • その他、内装用素材
  • その他
    • スピーカーユニットの振動板のエッジ部分
    • ポリウレタン製コンドーム

等々、様々なものに利用されています。

ゴルフボールに使用する理由

ゴルフボールのカバー素材として適しているのは、硬さの調整が可能で、柔らかいものから硬いものまで様々な種類のボールが作れること、特に素材の軟らかさによって、打感がソフトになることと、アイアンやアプローチでのスピンがかかりやすくなること。それに、軟らかくするほど反発力、耐摩耗性ともに高くなるという特性がある為なんですね。

最新のボールは、「飛んで曲がらず、しかもスピンまで懸けられる」という三拍子そろったすごいものまで発売されています。ついこの間までは「飛ばすのか、止めるのか? どっちかを選んで下さい。」って感じでしたのに、いつの間にか三拍子揃った、全部OK!というごいやつが出てきてました。お値段は相当良いですけどね・・・。貧乏人には結構、「高嶺の花」です。

柔らかさと高反発力、空気抵抗値、スピン性能(プラスにもマイナスにも※)といったゴルフボールに要求される様々な機能をクリアーできるものが、ポリウレタンって素材なんですね。

※スピン性能の

プラス側:文字通りアイアンやウェッジでのバックスピンのかけ易さ、

マイナス側:サイドスピンを減らすことで直進性をアップ⇒真直ぐ飛ぶ

ページの先頭へ戻る