識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ雑学・トリビア > ゴルフの言葉 > ゴルフの雑学 ゴルフ用語の中の和製英語 2-1 改訂版

2019.01.17

ゴルフの雑学 ゴルフ用語の中の和製英語 2-1 改訂版

2014-03-05_17h52_25

スポンサードリンク

英語のつもりの「ゴルフ用語」外人と話す時は、注意が必要ですよ!。

日本に紹介されて 100年以上が経過したゴルフですが、野球と同じくその関連用語は 基本的に 英語が そのまま(Par・Birdie等)で使われることが多いようです。

一般的な意味としてゴルファー以外には判りにくいものもありますが(例えばルースインペディメントとかスルー・ザ・グリーンなどゴルファー以外の人たちにはなんのことかさっぱりでしょうね。)、多くはそのままの英語でも大丈夫でしょう。

そのゴルフ関連用語の中に、日本独特のカタカナ読みで日本人には通じても、ネイティブスピーカーには通じないゴルフ用語というものもありますね。

ディボット (Devot) や レイキ (Rake) などが そうした例になります。発音の表記はしませんので・・・・・、判りました敢えて表記するとしたら(Devot)はディビッ、(Rake)はあの消費者金融と同じでレイクです。

すごく便利、だけど外人に通じない英語?

そして、その他の外来語とちゃんぽんのような英語ではない日本語(違うなぁ、日本独特の英語表現、いわゆる和製英語)が創作(発明?)されました。

こうした和製英語は、英語のコミュニケーションの中で使ってもネイティブ相手には通じない言葉になりますが、 大変的を射た便利な表現にはちがいなく、我々にとって不可欠な言葉となっていますよね。

しかし、創った人には本当に感心してしまいます。敢えて言えば「ルー大柴」の乗りに近いような、若干怪しい感じですが・・・・。(「うまい!座布団2枚!」と叫びたくなるほどうまいですよね・・・・・。)

続きは次回ということで・・・!

ページの先頭へ戻る