識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ雑学・トリビア > その他 > ゴルフのティーチィングプロとレッスンプロについて  2-1 改訂版

2018.08.22

ゴルフのティーチィングプロとレッスンプロについて  2-1 改訂版

2017-09-16_18h12_38

スポンサードリンク

どんな団体が、どんな資格を認定しているのか?

ゴルフのティーチィングプロ、レッスンプロと呼ばれる人達は誰が認定しているのでしょうか?

それでは、レッスンプロを認定する団体にはどんな団体があって、その団体がそれぞれどんな資格を与えているのか、簡単に紹介してみます。

まず、男子については日本のプロゴルフ界最大の団体、本家本流ともいえる、社団法人日本プロゴルフ協会(PGA※)があります。

PGAは、文部科学省管轄で「プロゴルファー」を認定している唯一の団体であり、認定する資格は「トーナメントプロ(TP)」と「ティーチングプロ(TCP)」の2種類です。※かつてのJPGA

前者はテレビで中継されるようなプロのトーナメントに出場する技能を持つことを認定する資格。

そして後者が「ゴルフ指導技能に優れ、広範にわたるゴルフ知識及びPGA指導要領を取得した者に付与され、ゴルフの普及と発展を目的に活動します」と定義される、いわゆるレッスンプロの資格です。

現在TCPにはB、A級の2階級で認定されていますが、06年以前のシステムで認定されたC級のティーチングプロもいます。実務経験や講習会で研鑽を積み、上位ランクに昇級できます。

ちなみにTPでありながら、TCPの資格の両方を取得しているプロもいます。つまり、「自分ができる」ことと「人に教えることが出来る」ことは別であり、「教える技術」は特別な技術だということです。

ページの先頭へ戻る