識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ道具について > ゴルフ用品・小間物 > ゴルフ用語辞典 ツーピースボール(Two piece Ball)

2015.11.05

ゴルフ用語辞典 ツーピースボール(Two piece Ball)

ゴルフボールの断面構造 basic-detail-p2

スポンサードリンク

ツーピースボール(Two piece Ball)

コアーとカバーの二重構造ボール(2つのピースからなるボール)のこと。

合成ゴム出できたコアと、カバーの二重構造で出来たボールで従来の糸巻きボールとは異なり、より固くできているため丈夫で長持ちします。更に以下の様な特徴が有ります。
1:高反発で硬い分バックスピン量が少なくなり吹き上がりが少なく、地面に落ちてからのランが出やすい。
2:グリン周りにおいてランニングアプローチがやりやすい反面、スピンを聞かせて止める打ち方ができにくい
3:相対的に飛距離を求めるゴルファー向きとされている。

とは言え、高反発と柔軟性といった相反する課題がそこには有り、飛距離を重視すればスピンが掛かりにくく、打感・スピンを重視すれば飛距離が出ない・・・といった矛盾というか二律背反の課題を抱えているということになります。※

※とは言え、最新のボールでは、飛びもスピンもどちらもOKという夢の様なボールまで出現しており、各メーカーの競争も激しくなっているようですね。

ページの先頭へ戻る