識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > ルール・用語 関係 > ゴルフ用語辞典 プロフェッショナル(Professional)

2014.02.15

ゴルフ用語辞典 プロフェッショナル(Professional)

スポンサードリンク

プロフェッショナル(Professional)

今更解説の必要など無いとは思いますが一応、念のためと言いますか、ルールブックにも出てきますし、前回は記載しませんでしたので・・・・・。ルール用語・「ゴルフを職業とする人」と言う意味ですね。

ゴルフに限らず、報酬を得ないでそのことを愛するアマチュアに対し、そのことを職業として愛する人の事をプロフェッショナル略してプロと言います。(※そのこと の所に様々な職業名を入れて頂ければ、幸いです。例ゴルフ)

ゴルフのルール上では規則2 プロフェッショナリズム  に規定されておりまして、プロとは次のような人を意味します。

プロフェッショナリズム

アマチュアゴルファーはプロフェッショナルゴルファーとして行動をしたり、自らをプロフェッショナルゴルファーと名乗ったりしてはならない。この規則を適用する場合、プロフェッショナルゴルファーとは次の人をいう。

●自分の職業としてゲームをプレーする人
●プロフェッショナルゴルファーとして働く人
●プロフェッショナルとしてゴルフ競技に参加する人
●プロフェッショナルゴルフ協会(PGA)の会員資格を持つ人
●プロフェッショナルゴルファーにだけ限定したプロフェッショナルツアーの会員資格を持つ人

と言うような記載があります。

行為としては、クオリファイングスクールや選手会へ参加申請したり、インストラクターの教室に申し込んだり、プロ契約をする代理店からサービスの提供を受けた時点でアマ資格を喪失してしまいます。

 

ちなみにプロフェッショナルの語源は、以下のように言われております。

ラテン語のprofessus。もともと宗教用語で、神に対して告白、宣誓した人や神の託宣を受けた人を指し、最初は聖職者のみを指しました。この単語を分けると「pro」と「fessus」になるのですが、「pro」は「前に」という意味の接頭語で「fessus」は「言う」という意味です。「前に、言う」つまり、人の前で公言をする、宣言をするという意味になります。

元は「キリスト教徒である事を公言する」と言う意味でしたが、後に神学・法律・医学などの知的職業に就く意味へと変化したようです。やがて職業や教授という意味になって19世紀ごろには現在の意味へと成ったとされています。おまけですが、英語の記載を詳しく見ていると「profess」という言葉の意味に【ふりをする。偽る】という意味もある との記載がありました。なるほど!!言い得て妙だと思いませんか?

できることならば、ゴルフのプロとしては技術も高く、当然スコアーも良く、併せてゴルフについての知的職業者としてもレベルの高いことを期待したいと思いますが、如何でしょうか?本来紳士のスポーツでもある訳ですし、期待し過ぎってことにはならないですよね。

どちらにしても、自分はプロにはなりませんけどね(笑)。皆さん頑張って!!

 

ページの先頭へ戻る