識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ用語集 > ルール・用語 関係 > ゴルフ用語辞典 ネットスコアー(NetScore)

2013.12.24

ゴルフ用語辞典 ネットスコアー(NetScore)

ゴルフ用語辞典 ネットスコアー(NetScore)

スポンサードリンク

ネットスコアー(NetScore) これはもう言うまでもないとは思うのですが、一応念のため記載いたします。

ゴルフのプレー用語で、ハンディーを引いたスコアーの事ですね。プレーヤーが実際に打った打数をグロススコアーといい、この数字からハンディーキャップを引いたものをネットスコアーと言います。

グロスは(Gross)で、語源としてはちょっと面白いのですが、「醜いほど太っている」という意味なんだそうです。そこから「総体の」とか「風体の重さも一緒の」という意味になったようです。これに対してネット(Net)は、「正味の」とか、「風体の重さをを引いた純粋の」という意味です。ネット(Net)の語源は、Neat ⇒ きちんとした、小奇麗な という意味から来ているとのことでした。

 

ゴルフにはグロススコアーで戦うスクラッチ競技と、ネットスコアーで戦うアンダーハンディー戦の2種類があることはご存じだと思います。

前者は、腕自慢が集まり、自分の掛け値なしの実力を競い合うところに面白さがあり、後者には、腕に差がある人他紙が集まって自分のハンディー通りの実力を試合当日に出せるかどうかに面白さがあると言えるでしょう。また、ハンディーがあることで腕の差を気にせず競い合えるといううところがゴルフの良い所ではないでしょうかね。

老若男女入り混じって同じ競技をすることができるゴルフは大変楽しく、面白い競技・スポーツであり、他にはなかなかない競技だと思います。

皆さん楽しみましょうね!

ページの先頭へ戻る