識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ雑学・トリビア > その他 > ゴルフの雑学 利き目(Dominant Eye)の影響について 1-2 改訂版

2018.09.12

ゴルフの雑学 利き目(Dominant Eye)の影響について 1-2 改訂版

2013-12-11_23h43_19

スポンサードリンク

利き目はどうやって調べるかご存じですか?

①両目で何か対象物を見ます。

②その対象物が中心にくるように、両手で一つの輪を作る。

③その状態で片目ずつ閉じ、対象物が輪の中心にあり続けるほうの目が利き目になるそうです。
※利き目ではないほうで見ると対象物が輪から外れます。

RED = Right-Eye Dominant (右目が利き目の人)

教科書通りの大きいバックスウィングを取るとボールが見えなくなるため、目からの情報で保っている身体のバランスが崩れ、自然なスウィングが出来にくくなるそうです。ですから、REDの人は右目でボールが見られるように、首をかしげる(少し左側を向く)べきだそうです。

REDの人のアドレスは、ボールの背後から歩み寄る。クラブをセットする場合、先ず右手で握ったクラブをセットし、ついで左手を添えてセットアップを完了させる。またターゲットを見る時は、頭を起して右目がターゲットを視認出来るように動かす方が良いそうです。

更にREDの人はフルスウィングする際、かなり左を狙って右へ打つ傾向があるそうです。インパクトを迎える前から頭をターゲット方向に回しがちなので、一見「ヘッドアップ」のように見えますが、この頭の動きは特に悪いという訳ではないそうです。

最後にREDの人はパットの際に、左から右へ切れるラインを読むのが得意だそうですよ。

さて、利き目が右と左の違い知っていたほうが良さそうですね!!

ページの先頭へ戻る