識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ雑学・トリビア > ゴルフの科学 > ゴルフの科学的考察 スイングの基本は下半身?

2013.06.21

ゴルフの科学的考察 スイングの基本は下半身?

ゴルフの科学的考察 スイングの基本は下半身?

スポンサードリンク

今回はスイングのパワーの源である下半身の動きについて科学的考察を試みました。

皆さんも良くお判りだとは思いますが、「スイングの基本は下半身」にあります。クラブを振るのに腕や上半身ではなく下半身というのもちょっと見には不思議な感じだとは思いますが、スイングのパワーの大半は下半身、具体的には腰の回転とこれを生むための両足の力によって生まれていると云う訳です。

当然ですが、下半身の力は上半身よりも圧倒的に大きな力を発生させていることは、腕の拳による破壊力とキックによる破壊力を比べてみれば、一目瞭然であると思われます。ゴルフのスイングも全く同じで、腕でいくら強く振ったところで手打ちになって飛距離も出ないでしょう。逆に腕力が無くても、腰の回転による腕の連動で振る方が飛距離も出るし、方向性も良い事はご承知の通りです。

結果としては、腕や手は下半身から生まれたパワーをクラブに伝えているだけに過ぎないということになります。もちろん早く振れるような腕力が全く必要ないと言っている訳ではありませんよ、あるに越したことはありませんが、腰や脚のパワーによるコントロールが出来なければ、意味がないことになってしまいます。早く振れる腕に見合う下半身の強化が必要だということです。

では、下半身の強化のために最も効果があるトレーニングは?というと・・・・・、そんなに難しいトレーニングをする必要はありません。簡単な運動でOKですよ。と言っても継続できないと・・・・・、ご承知だとは思いますが、効果はあまり期待できません。まずはランニング、それとスクワットでしょう。筋肉痛を起こすほど激しく行う必要はありません。毎日少しづつでOKです。その結果、できることならば、コースを回る際にカートではなく、歩いて回れるようになれば一番よいでしょう。具体的な回数とか方法については、近い内に記載したいと思っておりますので、しばしお待ちください。

更にもう一つ・・・・・。長くなりそうなので、続きは次回と言うことで。

 

ページの先頭へ戻る