識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ雑学・トリビア > ゴルフ用 ストレッチ > 簡単にできる肩甲骨周辺のストレッチ 肩・ワキほぐし

2015.01.27

簡単にできる肩甲骨周辺のストレッチ 肩・ワキほぐし

2013-12-02_23h20_47

スポンサードリンク

これまた久しぶりの「ストレッチ」についてのお話です。

今回は肩甲骨周り・肩関節周りの可動域を広げてスイングを安定させ、ヘッドスピードを上げて尚且つ、肩関節周りの怪我の予防になる効果があるストレッチです。

用意するのはドライバー・・・・・・、だけで結構です。(笑)

正座の姿勢から両足の爪先を立てるようにして踵を上げ、この踵の上にお尻を載せます。やや膝を開いて右手でドラーバーのグリップを持ち(できるだけ上の方を)、ヘッドを地面に垂直に立てます。クラブを立てる位置は体の真横になります。これでやや拳が右肩より上がった位置で杖をついた姿勢になりますね。

この状態から、上体を右側に少しづつ傾けてみましょう。

腕の下の筋肉と筋、右ワキの下側が伸びるのを感じたら、反動を利用して初めの状態に戻します。更に上体を右に傾けて張りを感じたら元に戻すということを繰り返します。

15回を1セットとして、1~2回、左右共に行います。テンポよくリズミカルにやるのがコツです。無理をしない様に行って下さいね。

注意点はドライバーを垂直に保つこと、前に倒すとワキが張りませんので、効果がなくなります。逆に後ろに倒すと肩を痛めてしまいますので、用心して下さい。

クラブが長いと思われましたら、短いものでもOKです。くれぐれも無理はしないように!

肩・上腕・広背筋の柔軟性を高め、肩甲骨・肩関節の可動域を広げる事になり、バックスイングを行いやすく、ヘッドスピード上げることが可能になります。

ページの先頭へ戻る