識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ雑学・トリビア > ゴルフの科学 > ゴルフの科学的考察 メンタルコントロール。他の組のトラブル、どう対処する?

2014.04.09

ゴルフの科学的考察 メンタルコントロール。他の組のトラブル、どう対処する?

スポンサードリンク

ゴルフ場でたまに出くわす、他の組のトラブルや前の組の遅延、こんな時どのようにメンタルを維持・コントロールするべきなのでしょうか?

ティーインググランドで数組待っていたり、あるいは前の組がグリーン上で手間取っていて、フェアーウェイで待たされたり、といった状況ではついイライラしてしまいがちですよね。特に直前のショットが良くてリズムよく打ちたい時に、そのような状況にぶつかると・・・・。

「何やってんの?さっさとどいてよ!」と不満が沸き上がってきます。しかしここでこのイライラを止めないと、自らミスを引き寄せ、更なる負のスパイラルへ落ち込む瀬戸際にいることを知っておくべきではないでしょうか?

経験ありませんか?前が詰まっていて何度も素振りを繰り返してすでに準備完了「さぁ、打てるぞ、良し!」と打ったところが、チョロ!、「なんてこった!くそ!」と更に気持ちもスイングも急ぎすぎてしまい大ダフリ!こうなるともう頭の中は真っ白で、何をどうしてどうなったのか?そのホール上がってみると散々!ってこと。

ではどうすれば、良いのでしょうか?このような状況では、それまでの流れのことを一切忘れてしまうこと、一度完全にプレーの流れを止めてリセットしてしまうことが正解のようです。ゴルフのプレーとは全く関係のない事を考えて、プレー中であるとの意識を断ち切ってしまうのです。

よく出来たキャディーさんは、このような時にゴルフとは全く別の会話を話しだしたりします。彼女たちは待ち時間の過ごし方をしっかり心得ていて、気を利かしているのです。ですから、「関係の無い話なんてするなよ」などと怒らないでくださいね。

そうこうしているうちに順番が来ますから、そしたらおもむろにスイング練習(素振り)などをして、プレーの続きを愉しめばよいのです。オンとオフの切り替えを上手にするのが、スコアーを伸ばすコツですよ。これができないでイライラしたら・・・・・・。ですよ!(笑)

ページの先頭へ戻る