識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > 本コースでのプレイについて > 夏のゴルフと暑さ対策 その1

2012.06.24

夏のゴルフと暑さ対策 その1

2014-07-24_12h29_11

スポンサードリンク

夏の暑さ対策、どうしますか?

熊本県内は、ただいま梅雨の最中ですが・・・。すぐにあの暑くて、蒸し暑~~い熊本特有の夏がやってきます。幸い熊本県内には阿蘇高原や菊池高原などの涼しいゴルフ場もあり、夏場にはこちらのほうへ逃げることもできるのですが、それでも夏は夏、やっぱり暑いですよね。そこでですが、みなさん暑さ対策どうしていますか?。

真夏の太陽が照りつける暑い日のゴルフは 暑さ対策をきっちり行わないと熱中症とか脱水症とかになりかねません。そうなると 楽しさも半減するばかりでなく、大変な事態に陥る可能性がありますので、注意が必要です。そんな中、 ちょっとした 暑さ対策や注意点を知っておけば、スコアに与える影響も少なくないと思われますので、 そんな知識も是非頭に入れてプレイして欲しいものです。

ということで、一般に市販されている暑さ対策グッズを挙げてみますね。まずは暑さ対策用(吸汗・速乾)の夏用上下ウェア冷感ジェルを施してある帽子やタオル、定番の冷たさを維持する保冷材入りの飲料カバー、日焼けが気になる人には、UVカットが施されている夏用の機能性下着やアームカバー日傘、日焼け止めクリーム等の利用を積極的に活用しましょう。

 

具体的な商品としては?

その中でも特に「ゴルフ・ウェアー」暑さ対策と言うことでは、通気性、吸水性、速乾性、クーリング性 (放熱作用を伴うもの) や、最近では特に、クーリング性に優れた素材を使ったシャツや機能下着・冷感素材を使用したものまで様々なものが売られています。

それから日差し、紫外線を遮る晴雨兼用の傘や、目を紫外線から守るサングラスもあると便利だと思います。傘は夕立などの時にも使えますが、一番の目的は日陰が少ない場所での「日傘として利用」でしょう。ゴルフ場のカートに常備されているケースも多いのですが、UVカットが施されているものがお勧めです。もちろん、キャップやバイザーも暑さ対策、熱中症対策用として重要なアイテムですので、強い日差しから目を守る意味でも、必ず着用するようにしたいものです。

さらに、UV対策として重要なのがきちんと日焼け止めを塗るということ。各メーカーから様々な効果の日焼け止めが出ている中、長時間直射日光に当たることを前提に作られた「ゴルフ用の日焼け止め」は 特に お勧めでしょう。

 

ページの先頭へ戻る