識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > 本コースでのプレイについて > メンタルコントロールについて 4つの「C」改訂版 4-1

2011.10.21

メンタルコントロールについて 4つの「C」改訂版 4-1

メンタルコントロールについて 4つの「C」改訂版 4-1

スポンサードリンク

スポーツ心理学のテクニック、4つの「C」

前回お話した、「メンタルコントロール」に大変重要で、成果を出すのに必要とされている 4つの 「C」についてお話します。

①Concentration  (集中) ②Confidence (自信) ③Control(制御)

④Commitment (傾倒)

①Conncentration(集中)

一つ目の「C」は、Concentration  (集中) ゴルフで最も重要な成すべき仕事・任務(タスク)は ボールをグリーンのカップ(ターゲット)に向かって打つという動作ですが、これに集中出来なければ 当然 好ましい結果を生むことは出来ないですよね。

ですが一方、ラウンド中は様々な不安、失敗、雑念、疲れ、風、周りの人や音など、集中を妨げる多くの事象に遭遇します。ゴルフはこのような「人間の集中を妨げる様々な要素が詰まった環境の中でプレーをするゲーム」だということをしっかり頭に入れておかなくてはならないわけです。

このような邪魔をする様々な事象に負けずに「 如何に集中するか」、それを実戦で活用出来るよう訓練する必要があります。例えば、ショット前の決まったルーティンは、集中を 高める効果を狙って必ず実行すべきことの一つとされています。

練習の時と同じ様に決まった動作を決まったとおりに実行することで、集中しやすいですし、いつもと同じ動作に安心して落ち着いて向かい合うことが可能になり、練習どおりの結果を出せることに繋がります。

②Confidence (自信)

2つ目の C は Confidence(自信)つまり、自信を持ってショットやパットに臨むことです。自分に与えられた任務(タスク)と自分の能力を比較する本能が、我々にはあるのですが、自分自信のなかで「達成する能力がない。もしくは、不足している」と思えば、それは不安として心の片隅に生じる事になります。

不安を生じさせたまま、自分の能力を 信じることが出来なければ、さらに 大きな不安となって(自信がないと悪い方へ悪い方へと考えてしまうのが人間です)これを抱えたままプレーに向かう事ことになり、更に余分な雑念が生じてしまいます。結果として 自分のプレーに集中出来なくなってしまいます。

そこで 重要なのが 「自分の能力を信じる」ことです。その上で達成可能、且つ、適度にチャレンジングな目標を設定するのです。「このために十分練習してきたし、その目標は達成可能だ。自分にはできる。」と信じてショットに臨むことが大切になります。また、打ちたいショットの弾道を ショットの前にイメージするというテクニック  も不安を払拭し、自信を高める効果があります。

「ミスをするかも」といったようなネガティブな事を考えない事も、自信に繋がりますので可能な限りポジティブシンキングする事をお勧めします。

残りの2つの「C」については、また次回という事で・・・・。

ページの先頭へ戻る