識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフに関するあれこれ > 斜面でのスイング

2011.07.25

斜面でのスイング

2014-02-23_09h53_33

スポンサードリンク

2011・07・25

今日は斜面でのスイングのレッスンでした。

まず普通のスイング(番手は9番アイアン)、これはまあ普通に振ります。大方問題なく高い弾道で飛距離140Y前後、方向のぶれも左右に5y位で飛んでいきます。

それから左足下がりを想定したスイング、番手は同じでオープンスタンスでループ(スタンスに対してスクエアにバックスイングしてかなりオーバーにインサイドアウトのスイングを行います)スイング、どうしても右へ飛びがちですが、キチンと振れればまっすぐに飛びます。

なかなか上手くできませんね~~。

ついで左足上がりを想定したスイング、(番手同じ)今度は先ほどとは逆でかなりのクローズスタンスに構えての逆ループ(スタンスにスクエアにバックスイングしてかなりオーバーにアウトサイドインのスイング)のスイングを行います。左へ飛び出しがちですが、上手く打てるとスタンスとスイングが互いに打ち消しあって目標方向(肩のラインと平行)へ飛んでゆきます。

これまたなかなか上手く打てませんね。(笑) でもこの手のシュチュエーションはコースでは絶対あるので、練習しておくべきですね。

でも上手く思い出せるかな~、そっちの方がもっと難しそうです。コースではあせってしまって、スイングについて冷静に思い出せるとは思えませんね。(トホホ・・・)

基本スイングの練習「スイング2.5」

それから、9I・3I(一番長いアイアンもしくは一番短いウッドのどちらか)・1Wを使った基本スイングの右側(バックスイング)の練習。 理屈では判っているのですが体がなかなか対応してくれません。本当に理屈が判っているのかな~?判っているつもり・・・・・?

2.5の位置(スタンスから腰を回してクラブシャフトが地面と平行になる位置)から右手親指方向(自分の頭へ向かって)へコック、さらに左肩を飛球線方向後方へ押し込んでトップ位置、ワンテンポ置いてダウンスイング開始、これまでの逆をたどってインパクト、フォロースルーへ、と言葉で書く分はそんなに難しいって程ではありませんが・・・・。

みんなそれぞれ癖があって、解説どおりにはなかなかできません、どうしても肩が縦方向へ上がらず横向きに上げてしまいます。本人の意識の中では縦にあげているのですが、他の人から見るとそうはなってないのですよ。

本人の意識でいえば、2.5の位置から自分に向かってやや斜め右からコック、そのまま真直ぐ上げてトップへ、そして自分の右横(右足横に向かって)への引き下ろし、背骨の外側を軸とした体の回転で振ってインパクト、フォロースルー・・・・。って感じですが・・・・、できません。

真直ぐ引き下ろして体の回転でインパクト」っていうのがどうしてもイメージしにくいのです。な~んかカクカクした動きになってそうで、スムーズな動きのイメージが浮かびません。

難しい・・・・・・・。 コーチから云われた注意点はその時は「なるほど!」と思っていても・・・・、いつの間にか忘れちゃうし・・・・・・・・。

は~~~! ため息が出ます。  練習あるのみですね。

 

 

ページの先頭へ戻る