識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフ雑学・トリビア > ゴルフのルールトリビア > ホールカップの大きさって、どうやって決めたのでしょう?

2019.01.03

ホールカップの大きさって、どうやって決めたのでしょう?

2014-08-01_01h23_38

スポンサードリンク

日頃見慣れているホールカップ、その大きさはどうやって決めたの?

ゴルフ場のグリーンに絶対欠かせないもの・・・・、そうですホールカップですがこの大きさって、どのようにして決められたのでしょうか?ホールカップの大きさは万国共通で、世界中どこのゴルフ場でもその直径は108mmとなっています。

当初、ゴルフ場のホールカップグリーンキーパーがシャベルで適当な大きさに掘り、そこに鉄製の棒を差し込んだだけの簡単なものでした。

その上当時は、今で言う所のティーが無かった為、ホールアウトしてボールを拾い上げる時に、次のティーイング・グラウンドでティーアップするための土ホールカップ穴の底から取って持って行っていたのだそうです。その為ただでさえ大きさがまちまちであったホールカップの穴は、日が経つにつれだんだん崩れて大きくなっていくことなっていたそうです。

大きなホールカップならばバーディーも取りやすかったでしょうね!(笑)

不揃いのカップの大きさでは不公平でもありますし、この崩れてしまうホールに困ったセンドアンドリュースの管理者トム・モリスSr.は、近くの水道工事の現場に転がっていた土管の切れ端を持ってきて、それを埋める事でホールカップの崩れを防ぐことに成功したのでした。

この時の土管の直径が108mmだったのです。そうしてこれが今でもホールカップの基準となっているのです。

土管で底が無かったら、カップインしても今の「カッコーン」と言う音は聞こえなかったのでしょうね、あの音が聞こえないとちょっと寂しい気がします。

ページの先頭へ戻る