識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > お知らせ > ゴルフ用語辞典 パーシモン(Persimon) クラブ用語 柿の木ヘッド

2017.02.13

ゴルフ用語辞典 パーシモン(Persimon) クラブ用語 柿の木ヘッド

2016-10-18_18h05_36

スポンサードリンク

ゴルフ用語辞典 パーシモン(Persimon)

現在のチタンヘッドに至る前には様々なクラブヘッドが様々な材料で作られ使われていました。特にパーシモン(柿の木)のヘッドは多く作られており、名クラブとして残されているものもあるようですね。

北米産の柿の木をクラブのヘッド材として使用するようになったのは1890年台からだと言われています。ではそれまではどのようなヘッド材を使っていたのでしょうか?

まずは山査子(さんざし バラ科の落葉低木)林檎(りんご)・橅(ぶな)等を使っていたようです。これらに比べて柿の木は軽く、乾湿にも強く割れにくいとされ、特に北米ミシシッピー川流域の標高5~600mの大地に生育するものが上質とされ、アップランドと称されました。

この木にはパーシモン・タンニン(渋の一種?)という柿の木特有の樹脂が多く含まれていて、細い導管に黒い斑点が出来てパーシモンヘッド特有の木目となり特徴とされています。

英語の「persimmon」の語源はアメリカ東部のネイティブインディアン(アルゴンキン語族)の言葉で「干し果物」を意味するペッサミン(名詞)で、先住民がアメリカ柿(Diospyros virginiana)の実を干し柿として保存食にしていたことに由来するそうです。

ページの先頭へ戻る