識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > マナーについて > ゴルフの基本マナーについて 2プレーの順番

2011.10.30

ゴルフの基本マナーについて 2プレーの順番

ゴルフの基本マナーについて 2プレーの順番

スポンサードリンク

Ⅱ:プレーの順番について

各ホールで打つ最初のショット(ティー・ショット) の順番は、スコアの良い人から打つことになっています。その人のことを オナー (honor) と言います。※オーナーではありません。

ただし、1番ホールでの打順は くじ引きなどで決めるのが普通で、1番ホールには そうした くじ引きのセットが用意されているところがほとんどです。(ステンレス製の金属棒で先端の方に1本~4本の溝が切ってあり、1本の溝があるものを引いた人が一番の打順、以下4本まで2番~4番となるのが一般的なようです。)

ティーショット後のショット (セカンド・ショット) 以降は、 ピンに対して遠いプレーヤー (ゴルフ用語では アウェイ と言う) から打つというのがルールです (これを 遠球先打と言います)。

どちらのボールがピンから遠いのかわからない場合(ほぼ 同じ距離に他のプレーヤーが居る時など)は、 相手を 無視して打たずに互いに順番について確認し、 同時に ショットをする様なことがないよう心掛けましょう。

ただし、友人同士で楽しむような カジュアルな ゴルフでは スピード・プレーにも考慮し、アウェイ(遠球先打)の原則は考慮しつつも、打つ準備が出来た人からプレーする レディー・ゴルフ (ready golf) のスタイルも 臨機応変に 取り入れるべきでしょう。

特に誰かがフェアウェイを外してボールを捜していたり、クラブ選択を間違えていたりしてクラブの交換に時間が掛かっている等の場合、時間が経過してしまいますのでレディー・ゴルフとして、後続の組を待たせたりする事の無い様にしたいものです。

それでは、次回はⅢ:スピードプレイ、Ⅳ:コースの保護、について記載しますね。

 

ページの先頭へ戻る