識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフに関するあれこれ > ゴルフの基本マナーについて 3-3 スピードプレー 改訂版

2018.07.11

ゴルフの基本マナーについて 3-3 スピードプレー 改訂版

a0001_000469_m

スポンサードリンク

時間がかかってしまう理由と、その対応策

具体的にその内容について記載してみますと、


①要領が悪い(自分の番になってからショットまでが長い)

②動作が遅い(歩きが遅かったり、判断に迷いが多い)

③ボールを捜している時間が長い(ボールの行方を良く見ていない)

④曲げたり、チョロしたりで打数が多い(特に大きく曲がると時間がかかる)

まずは、(1) (2) (3) の理由で 遅くならないように心掛けるべきですが、それでも、ボールがあちこちに行って、(4) の理由で時間がかかってしまう人は 必要に応じて、そのホールのプレーをギブアップすることも考えるべきでしょう。

初心者の場合は止むを得ないこともありますので、後続の組を先に行ってもらったりして待たせないようにしましょう。

また例えば、ダブル・パー (パー4 であれば 8打) を打った時点で 同伴者、又は、後ろのグループを かなり待たせていると感じたり (後ろからプレーするグループがいない場合で 同伴者が了解済みであればべつですが)、前のグループとの間が 1ホール以上開いていると思ったら、そのホールのプレーを止めるといった位の考え方でプレーをしてもいいと思われます。

皆さん頑張りましょうね。では次回は、同伴者への配慮についてです。

ページの先頭へ戻る