識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフに関するあれこれ > ゴルフの基本マナーについて 3-2 スピードプレー 改訂版

2018.07.04

ゴルフの基本マナーについて 3-2 スピードプレー 改訂版

a0001_000469_m

スポンサードリンク

ラウンド中の各ホールの時間配分

ハーフ 2時間 15分というのは、 ティーグラウンドでの準備の時間やホール間の移動の時間も含め(少し多めになりますが目安として) パー3 でのプレーを 10分、パー4 を 15分、パー5 を 20分で完了するようなペースになります。

これ以上時間が掛かっている場合、他の後ろの組全部を待たせているという事を理解してくださいね。自分が待たされる方になった場合、これはかなりイラつく時間だと思います。

とは言うものの、1ホールわずか1分余分に費やしただけでハーフで9分も予定時間オーバーになってしまいます。ハーフで2時間24分ですから、2時間30分まであと6分しかありません。

ですから、極力無駄な時間を作らないよう、プレー中は気配りが必要になる訳です。

時間がかかってしまう理由と、その対応策

競技ゴルフの場合は別として、どんなにスピード・プレーを心掛けても 2時間 30分以上かかってしまう組には 色々な理由があるでしょうが、まず間違いなく、以下のいずれかの理由が最低一つは該当すると思われます。即ち、・・・・・。

長くなってしまいましたので続きは次回以降ということで・・・。

ページの先頭へ戻る