識っているとちょっと鼻が高い!?ゴルフのトリビア(雑学)・ゴルフルール・ゴルフマナー・ゴルフに関する様々な事を記載しています。

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフの雑学 > ゴルフに関するあれこれ > 利き目( Dominant Eye)の影響について

2012.06.28

利き目( Dominant Eye)の影響について

利き目( Dominant Eye)の影響について

スポンサードリンク

ゴルフをする場合の効き目の影響とは?

LED = Left-Eye Dominant(左が効き目の人)

LED(左が効き目の人)のゴルファーはバックスウィングのトップでもボールを直視していられるので、全く問題無いとのことらしいです。

LEDの人の自然な球筋は右から左へのフックあるいはドローになるそうなので、アドレス時に(ボールの背後から歩み寄るのではなく)左後ろ側から斜めに近寄るのが正しい動きになるそうです。また、クラブをセットする場合、先ず左手で握ったクラブをセットアップし、ついで右手を添えるようにした方が良いそうですよ。更にアドレスの際に、ターゲットを確認する動作では、首の角度を変えず頭だけを回すようにすべきだそうです。

それからパットの際に、LEDの人は右から左へ切れるラインを読むのが得意だそうですよ。

 

RED = Right-Eye Dominant (右目が利き目の人)

教科書通りの大きいバックスウィングを取るとボールが見えなくなるため、目からの情報で保っている身体のバランスが崩れ、自然なスウィングが出来にくくなるそうです。ですから、REDの人は右目でボールが見られるように、首をかしげる(少し左側を向く)べきだそうです。

REDの人のアドレスは、ボールの背後から歩み寄る。クラブをセットする場合、先ず右手で握ったクラブをセットし、ついで左手を添えてセットアップを完了させる。またターゲットを見る時は、頭を起して右目がターゲットを視認出来るように動かす方が良いそうです。

更にREDの人はフルスウィングする際、かなり左を狙って右へ打つ傾向があるそうです。インパクトを迎える前から頭をターゲット方向に回しがちなので、一見「ヘッドアップ」のように見えますが、この頭の動きは特に悪いという訳ではないそうです。

最後にREDの人はパットの際に、左から右へ切れるラインを読むのが得意だそうですよ。

アドレスルーティーンのときにも記載しましたが、一人ひとりの個性によってアドレスの方法やグリップの仕方等が異なりますので、この辺の個性(個人としての特性の違い)については各自で確認しておくようにした方が良いようです。

 

ページの先頭へ戻る